コインチェックのクイック入金の方法【徹底解説】

こちらではコインチェック(coincheck)のクイック入金の方法、やり方をご紹介しています。

あなたに合った入金方法を選択し、賢く節約して利益を拡大していきましょう。

それではコインチェック(coincheck)でのクイック入金の方法について徹底解説したいと思います。

他の記事でも入金方法について説明していますが、コインチェック(coincheck)での入金方法は4つあり、

その中の1つがクイック入金になります。

それでは早速ですがクイック入金の方法をご紹介いたします。

 

コインチェックのクイック入金方法【徹底解説】

まずはコインチェック(coincheck)にログインしていただき、「入金」をクリックしてください。

個人情報と入金額を入力する

上部にクイック入金とありますのでクリックしていただくと上の画面になります。

あとは個人情報等と入金額を入力してください。

  • 氏名
  • カナ(氏名)
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 入金額

全て入力しましたら「決済申請」をクリックしてください。

 

各種決済番号が表示される

クリックしていただくと各種決済番号と支払い金額等が表示されます。

  • お支払金額
  • 収納機関番号
  • お客様番号
  • 確認番号
  • お支払情報送信

上記の番号はこの後の支払の際に必要になる番号ですのでメモするなり写メを取るなりして支払いまで大切に保管しておきましょう。

お支払情報送信でメールアドレスを記入し送信しますと、各種決済番号が指定したメールアドレスに送信されます。

メモの間違い等もあるかもしれませんので送信しておくと安心できますね。

メモなり写メを取り終わりましたら「完了」ボタンをクリックしてください。

支払い方法ですが赤枠内の支払い方法を選択すると詳しい支払い方法が表示されます。

 

金融機関ATM(現金、カード)でのお支払

こちらでは金融機関ATMでのお支払例をご紹介します。

金融機関によっても操作方法が異なりますので、画面の手順に沿って操作を進めていただくとクイック入金は完了します。

入金が完了しますとすぐにコインチェックの方に反映されて無事クイック入金は終了になります。

 

クイック入金の利用が可能な金融機関

どこの金融機関でもクイック入金が使える訳ではありませんのでご注意ください。

主な金融機関ですが、

みずほ銀行 / 三菱東京UFJ銀行 / 三井住友銀行 / りそな銀行 / 埼玉りそな銀行 / ジャパンネット銀行 / 北海道銀行 / 青森銀行 / みちのく銀行 / 秋田銀行 / 荘内銀行 / 岩手銀行 / 東北銀行 / 七十七銀行 / 東邦銀行 / 群馬銀行 / 足利銀行 / 常陽銀行 / 筑波銀行 / 武蔵野銀行 / 千葉銀行 / 東京都民銀行 / 横浜銀行 / 北越銀行 / 山梨中央銀行 / 八十二銀行 / 北陸銀行 / 富山銀行 / 北國銀行 / 福井銀行 / 静岡銀行 / スルガ銀行 / 清水銀行 / 大垣共立銀行 / 十六銀行 / 三重銀行 / 百五銀行 / 滋賀銀行 / 京都銀行 / 近畿大阪銀行 / 池田泉州銀行 / 南都銀行 / 紀陽銀行 / 但馬銀行 / 鳥取銀行 / 山陰合同銀行 / 中国銀行 / 広島銀行

一部のみ抜粋しています。

クイック入金の利用可能な全ての金融機関を知りたい方はこちらをご覧ください。

>>ペイジー金融機関一覧

クイック入金時の手数料について

クイック入金時の手数料ですが

3万円未満:756円

3万円以上50万円未満:1000円

50万円以上:入金金額×0.108% + 486 円

このようになっています。

 

クイック入金に関するQ&A

Q、クイック入金の最低入金額はいくらですか?

A、最低の入金額は1000円になっています。

手数料込みで1756円になります。

Q、クイック入金の入金上限はいくら?

A、入金上限は999,999円になります。(手数料込)

ですので入金額に記入できる最大の数値は998434円になります。

この時の手数料が1,565 円で合計999,999円になります。

Q、クイック入金はいつでも入金できるの?

A、24時間365日入金可能ですぐに入金が反映されます。

まとめ

コインチェック(coincheck)のクイック入金の方法をご紹介しました。

入金方法についてどこを優先するのか?によって正しい選択は異なります。

手数料を抑えて節約したいユーザーはやっぱり銀行振込がおすすめ。

入金スピードを重視するならコンビニ入金、クイック入金がおすすめ。

30万円以上の入金でスピードを重視するならクイック入金がおすすめ。

このように状況に使い分けることで機会損失しないでチャンスを掴むことができますよ!

SNSでもご購読できます。