コインチェックの入金方法:銀行振込【初心者向け】

こちらの記事ではコインチェック(coincheck)の銀行振込での入金方法のやり方や流れをご紹介します。

 

コインチェック銀行振込での入金方法徹底解説

コインチェックには入金方法4種類存在します。

  1. 銀行振込
  2. 海外からの入金
  3. コンビニ入金
  4. クイック入金

その中でも1番分かりやすい簡単で初心者向けの銀行振込について徹底的にご説明していきます。

コインチェック(coincheck)にログインしていただくと上記画面になりますので、「入金」をクリックしてください。

クリックしていただくと上記画面に移行します。

振込可能な銀行は2種類あり、りそな銀行住信SBIネット銀行になります。

上記の画像を見ていただければわかるのですが、一応注意点がありますので説明しておきますね。

注意点

りそな銀行への銀行振込の場合は口座種別が当座を選択すること。

住信SBIネット銀行の場合は振込人名義を6桁のユーザーIDと名前にする。

上記画像のモザイク欄に記載されていますのでその通り入力していただければ問題ありません。

 

銀行振込での入金時の手数料

入金時の手数料に関してですが、他の入金方法よりも1番安いと思います。

なぜ安いと断言できないのかと言いますと、あなたの銀行口座の振込手数料によって左右されるからです。

ですのであなたの銀行口座の振込手数料をご確認ください。

 

1番おすすめできる銀行口座は住信SBIネット銀行になります。

私も所有している1つの銀行口座になるのですが、同一銀行宛だと手数料無料で入金することができます。

まだ持っていないという方は持っておくと便利ですよ。

仮想通貨だけではなく、普通に便利なので持っておくことをおすすめします!

銀行振込での入金のデメリット

1番簡単に入金できて、手数料も1番安いので便利なのですが1つデメリットがあります。

それは24時間365日入金することができないことです。

営業時間外や土日、祝日などに振込を行なうと、反映されるまでにかなり時間がかかってしまいます。

土日に銀行振込で入金しても反映されるのは月曜日の午前中になってしまいます。

ですので基本は平日に入金しておくこと。あとは多めに入金して購入タイミングを逃さないことが重要になります。

それでも待てないって方は他の振込方法(コンビニ入金やクイック入金)を選びましょう。

でもこのデメリットが通用しないのが住信SBIネット銀行になります。

住信SBIネット銀行の公式サイトに記載されていた内容が以下になります。

当社から当社への振込
原則24時間365日リアルタイムで受取人口座への振込が完了します(当社メンテナンス時間を除きます)。なお、日付が変わった直後(0:00直後)にお手続きされた場合などはリアルタイムでは完了せず、振込先口座への入金反映までに数時間程度お時間がかかる場合があります。

24時間365日リアルタイムで振込できると記載されているのですが、

コインチェック(coincheck)側での確認作業があるため、24時間365日すぐには反映されません。

日付が変わった直後や深夜などの振込は翌朝以降に反映され、土日祝の振込の場合は休み明けに反映されます。

それでも他の銀行口座と比べると1番早く1番安いのは住信SBIネット銀行です。

最後に

コインチェック(coincheck)の銀行振込での入金方法を紹介しました。

銀行振込でのポイントしては

  • 平日の営業時間内に入金しましょう
  • 入金額は多めに入金しておきましょう

この2つがポイントになります。

 

平日の営業時間内に入金することで、当日に入金処理が終わり反映されます。

入金額については価格が暴落し、購入するチャンスがやってきた時にいちいち入金していると反映されるまでに時間がかかってしまいますし

暴落したタイミングが土日、祝日だった場合は購入のチャンスを逃してしまう。機会損失してしまうケースも良くあることです。

例をあげると10万円入金したら5万円分何か仮想通貨を買って、残り5万円は残しておきましょうってことです。

 

「あ~あの時買っておけば今頃10万が200万になっていた…」

 

こんな話仮想通貨ならざらにある話ですからね。

そんな経験私もしていますし笑

そうならないためにもちょっとでも多めに入金だけしておきましょうねって話です!

SNSでもご購読できます。