コインチェックの取り扱い仮想通貨一覧|登録前に確認必須

コインチェック(coincheck)で取扱している仮想通貨の種類をご紹介します。

コインチェックに登録する前にあなたが購入予定の仮想通貨があるのか?チェックしておきましょう。

仮想通貨取引所によって取り扱っている仮想通貨は全然違います。

こちらの記事ではコインチェック(coincheck)が取り扱いをしている仮想通貨を全てご紹介します。

コインチェック(coincheck)に登録する前に確認し、あなたが購入予定の仮想通貨(ビットコインやアルトコイン)があるのかしっかりチェックしましょう。

それでは以下でコインチェック(coincheck)の取り扱い仮想通貨をご紹介します。

コインチェックの取り扱い仮想通貨一覧

コインチェック(coincheck)は国内の取引所の中で1番取り扱い仮想通貨の銘柄が多く、人気の高い仮想通貨取引所です。

私の中では1番おすすめの取引所になっています。

コインチェックでの取り扱い仮想通貨は全部で13種類あります。

以下がその仮想通貨になります。

  • ビットコイン(Bitcoin:BTC)
  • ビットコインキャッシュ(bitcoinCash:BCH)
  • イーサリアム(Ethereum:ETH)
  • イーサリアムクラシック(EthereumClassic:ETC)
  • リップル(Ripple:XRP)
  • リスク(Lisk:LSK)
  • ファクトム(Factom:FCT)
  • オーガー(Augur:REP)
  • モネロ(Monero:XMR)
  • ダッシュ(Dash:DASH)
  • ジーキャッシュ(ZCash:ZEC)
  • ライトコイン(Litecoin:LTC)
  • ネム(NEM:XEM)

代表的なビットコインを始め、2018年1月現在の時価総額2位のリップル、3位のイーサリアムの取り扱いもあります。

その他アルトコインの種類が多く、仮想通貨を幅広く投資することができるメリットがあります。

多くの仮想通貨に分散投資したい場合など他の取引所に登録する手間もなく、

コインチェックに登録しておけば大体の仮想通貨の取引を行なうことができます。

そのため初心者の方には1番おすすめできる取引所になっています。

>>コインチェックの登録方法はこちら

コインチェックへの登録を検討している方はあなたが取引したい仮想通貨があるのか?チェックしておきましょう。

 

金融庁にコインチェックは登録されていない!?

すこし余談ですが、コインチェックは金融庁にまだ登録されていない仮想通貨取引所になります。

だからと言って怪しいなどは一切ないのですが、なぜ金融庁に登録されていないのか?

これは私の見解ですが、匿名仮想通貨を取り扱っているからだと思います。

  • モネロ(Monero:XMR)
  • ダッシュ(Dash:DASH)
  • ジーキャッシュ(ZCash:ZEC)

2018年1月現在金融庁に仮想通貨交換業者として登録されているのは16社になります。

その中で上記3つの3大匿名通貨を取り扱っているところは1つもありません。

このような客観的なデータによりコインチェックは登録が降りないのだと思います。

 

でもなぜ匿名通貨だと登録の申請が降りないのか?

これは匿名通貨はマネーロンダリングや税金対策、裏社会での取引などに使われることが多いため日本国内では不安視されている方もいるからです。

匿名で送金できるため、お金の動きが把握できないので誰が誰にいくら送金したのかが全くわからないのです。

 

プライバシーなどの観点では匿名通貨は便利だと思いますが、このような裏の側面もあるためコインチェックはなかなか金融庁の申請が降りないのが実情です。

モネロやダッシュ、ジーキャッシュを取り扱いしているからと言って危ない取引所ではありませんので安心してください。

 

まとめ

国内で1番多くの仮想通貨を取り扱いってるコインチェック。

それだけでもかなりのメリットや利便性があります。

1番最初に登録するべき仮想通貨取引所といっても過言ではありません。

匿名通貨の取り扱いがあるので不安な方や金融庁の登録が降りていないので不安な方なども一定数いるとは思います。

ですがそのようなことに不安になる前に、

  • どこの取引所が1番使いやすいのか
  • 手数料の安さ
  • 取扱仮想通貨の銘柄の豊富さ
  • スプレッド小ささ

このような項目を他の取引所と比較し、あなたに合った取引所を見つけるのが先決だと思います。

SNSでもご購読できます。