コインチェックのスプレッド【最新版】高すぎるとの声もある!

こちらではコインチェック(coincheck)のスプレッドについて徹底解説したいと思います。

スプレッドって何?って方のためにもわかりやすく解説していますのでご覧ください。

いろいろな仮想通貨のサイトなブログなどでも「スプレッド」という言葉が使われていますが、

このスプレッドの意味ってあなたは理解していますか?

かなり大事な要素の1つでもあるスプレッドをしっかり理解しマスターして今後の仮想通貨ライフを楽しんでいきましょう。

目指せ億り人~♪

ということでスプレッドについてまずは簡単に説明していきたいと思います。

仮想通貨のスプレッドって何?

結論から言ってしまうと買いと売りの価格差になります。

かなりシンプルに説明したのでわからないと思いますが、詳しく説明すると。。。

取引時の購入価格と売却価格の際になります。

例を出すと

2018年1月現在ビットコインの価格が約118万円。

同時刻で購入価格が118万円

売却価格が110万円

この時のスプレッドが8万円になります。

わかりましたか?

同じ時刻での売買価格の差をスプレッドといいます。

このスプレッドですが仮想通貨の取引所でも違いますし、取扱仮想通貨の銘柄によっても違います。

 

でもなぜこのスプレッドが大事な要素の1つなのかといいますと

利益に大きく影響するからです。

A取引所では

1BTCの購入価格が118万円

売却価格が115万円

スプレッド3万円

B取引所では

購入価格118万円

売却価格110万円

スプレッド8万円

 

購入後、ビットコインの価格が上昇し、1BTC150万円になったとしましょう。

 

するとA取引所では118万円から150万円。32万円の価格変動。

売却価格も32万円あげると、115+32=147万円。

147-118=29万円の利益になります。

B取引所の場合は、110+32=142万円。

142-118=24万円の利益になります。

 

利益がスプレッド分大きくなるわけです。

(A取引所のスプレッド:3万円、B取引所のスプレッド:8万円その差5万円)

 

同じ取引をしているのにスプレッドの違いだけで手元の残るお金が5万円も違うんですよ?

なんだ5万円かって思っている方も中にはいるかもしれませんが5万円あればいろんな事ができますからね。

同じ労力を使って5万円得するのか?損するのか?あなたはどちらを選びますか?

話がそれてしまいましたがスプレッドについてだいぶイメージが掴めたと思います。

次に紹介するのはコインチェックのスプレッドについてです。

 

コインチェックのスプレッド【最新版】

それではスプレッドについての説明も終了しましたので本題のコインチェックのスプレッドについてご紹介していきますね。

こちらは2018年1月現在のコインチェックのスプレッドになります。

ビットコインの購入価格

ビットコインの売却価格

イーサリアムの購入価格

イーサリアムの売却価格

イーサリアムクラシックの購入価格

イーサリアムクラシックの売却価格

以下省略。

コインチェックのスプレッドを一覧でまとめましたのでご覧ください。

銘柄  買 い  売 り スプレッド
ビットコイン  1207100  1172100  35000
イーサリアム  112460  105320  7140
イーサクリシック  3256  3035  221
リスク  2470  2306  164
ファクトム  5331  4979  352
モネロ  35028  32788  2240
オーガ  9944  9245  699
リップル  153  143  10
 ジーキャッシュ  49958  46745  3213
 ネム  105  99  6
 ライトコイン  20275  18968  1307
 ダッシュ  85968  80128  5840
 ビットコインキャッシュ  188260  168890  19370

※小数点は切り捨てて表示しています。
※上記の売買価格はすべて販売所の価格を表示しています。
※2018年1月の価格を抜粋しています。

見ていただければわかりますが、上記が販売所でのコインチェックのスプレッドになります。

販売所はコインチェック(coincheck)側で販売価格を設定していますので手数料分を含めたスプレッドになります。

コインチェックのスプレッドが広いのか狭いのかは他の取引所と比較しないとわからないところでもあります。

ですがこれだけ多くのアルトコインの取引ができる取引所は国内でコインチェックしかありませんので正直比較のしようがない銘柄も多くあるのが実情です。

まとめ

仮想通貨のスプレッドについて簡単にわかりやすく説明しました。

他にもコインチェックで取扱している全仮想通貨のスプレッドも一覧でご紹介しました。

他の取引所の方がスプレッドが小さい銘柄もあると思いますがし、中にはスプレッドが固定されている取引所もあります。

ですがいろいろな取引所で運用するとなるとデメリットもありますのでご注意ください。

入金のなどもいろいろな取引所で運用しているとそれだけ手数料が多く発生してしまいます。

手数料もちりも積もれば山となるというようにバカにできない出費になりますの、賢く運用していきましょう。

まずはコインチェックを使ってみて、あなたが使いやすいのか?そこが重要だと思います。

あ!でもスプレッドも重要ですけどね!笑

SNSでもご購読できます。