コインチェックNEM580億円の流出事件から学ばなければいけない事※拡散希望

2018年1月26日にコインチェック(coincheck)で外部からの不正アクセスによってNEM(その当時のレート)580億円相当の流出事件が発覚しました。

GOXするのか?GOXするのかしないのか?など不安な思いをしている方が大多数だと思います。

私は被害がありませんでしたが友人の約3000NEMはなくなったと言っていました・・・

今回のコインチェックでのNEM(580億円)の流出事件から学べる事。

私も含めて仮想通貨の取引を行っている方の大半が情報弱者になっている事実。

このような被害に合わないためにも今一度考えなければいけない仮想通貨との向き合い方についてご紹介したいと思います。

これは私個人の勝手なつぶやきみたいなものですので聞き流していただいて結構です。

コインチェックNEM580億円相当の流出事件について

まずは今回のコインチェックのNEM(ネム)580億円相当流出事件について紹介したいと思います。

ニュースなどでも報道されていますので簡単に説明しておきますね。

2018年1月26日にコインチェックでNEM580億円相当が外部からの不正アクセスによって流出しました。

この580億円相当のNEM(ネム)はコインチェックで取引されているNEM全てが不正に送金されたため、コインチェックでNEMを管理していた方のすべてのNEMが対象になっています。

私個人の見解ではハッキングされて不正に送金されたのだと思います。

その根拠となる理由が「ホットウォレット」での管理体制。

ホットウォレットとは

常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのこと

オンライン上で管理しているため不正アクセスの危険性が高いがいつでも手軽に引き出すことができるメリットがあります。

今回の事件の原因はこのホットウォレットでNEMを管理したためだと考えられます。

マルチシグもおこなっておらず、セキュリティーの甘さが今回の結果に繋がってしまったのだと思います。

今後仮想通貨を取り扱う私達が考えなければ行けない事!知識不足に要注意

今回のコインチェックでのNEM580億円の流出事件は私達仮想通貨の取扱を行なう人々にいろいろな学びを与えてくれたチャンスだと私は思っています。

私は被害に合っていませんが間近で被害に合っている方もいますので他人事ではありません。

今回の事件で考えなければいけないこと。

それは自分の仮想通貨は自分で守ること!

これだけです。

二段階認証の設定をしていようが今回の事件では全く無意味になっています。

自分の仮想通貨は自分でハートウェアウォレットを使ってしっかり管理することが重要だと思います。これは私も含めてですけど。

今後仮想通貨の取扱を行なう上で必須の項目になるのがハードウォレットでの管理になると私は思っています。

結局あなたの保有している仮想通貨を守ってくれる人や会社は誰もいません。

自分で守っていくしかありませんのでハートウェアウォレットなどを使ってしっかり管理するべきです。

これが今回の事件を気に仮想通貨を取扱みなさんの常識になればと思います。

私も早速ハードウェアウォレット購入してみたいと思います。

 

SNSでもご購読できます。